仮想通貨

新仮想通貨取引所のAMANPURI(アマンプリ)でAMALトークンを13万円分買ってみた!

アマンプリ

こんにちは、翔です。

 

今日は仮想通貨の新しい取引所の紹介です。

 

その名もAMANPURI(アマンプリ)です。

 

取引所には2パターンの種類があります。

 

1つは、国内の取引所と海外の取引所が存在します。

今回のアマンプリは海外の取引所です。

 

そして取引の種類も2種類あります。

 

現物取引のみの取引所とFXが可能なところです。

 

海外の現物取引で1番有名なところがBinance(バイナンス)です。

そしてBTCFXで1番有名なところがBitMexです。

 

余談ですが以前僕はBitMexの1時間取引で800万円溶かしました。完全にトラウマです。笑

 

と、そんなことはどうでもいいのですが、今回新しくできたAMANPURI(アマンプリ)と言う取引所はこのBinance(バイナンス)とBitMexを合わせたような取引所ですのでとても注目しています。

 

またBinance(バイナンス)のように独自トークンも発行しています。

 

Binance(バイナンス)はBNBと言うトークンの価値が上昇してトークン保有者はホクホクです。

 

今回のAMANPURI(アマンプリ)も独自トークンのAMALトークンを発行していますので密かに期待しています。

 

今回の僕の狙いとともに記載していきます。

 

それではスタートです!と動画でも解説していますので添付します。

新仮想通貨取引所のAMANPURI(アマンプリ)とは

AMANPURI(アマンプリ)は上記で記載の通り、仮想通貨の現物取引とBTCFXのレバレッジ取引が可能な新しい取引所です。

1番の魅力とは

他の取引所に対しての強みは複数ありますが、1番注目すべき点が手数料です。

これまでの仮想通貨取引は手数料が高かったです。

特にレバレッジ取引をしていると、レバレッジを上げると手数料で利益が残りにくくなったということはよくあります。

しかし、AMANPURI(アマンプリ)の場合、BitMexの手数料の半分で済みます。(AMALトークン使用時のみ )

これは取引回数の多い人にとっては本当に嬉しいことです。

その他の魅力

手数料以外にも複数のメリットがあります。

セキュリティに関して

トレザーというコールドウォレットでの管理をしてくれます。

こちらは僕も所有しているものですが、オフラインでの管理になりますのでハッキングされるとこがないウォレットになります。

こちらで管理してくれるので安心です。

ハイレバレッジ取引が可能

レバレッジは現在Maxが100倍です。

今回AMANPURI(アマンプリ)もこのMaxレバレッジの100倍での取引が可能です。

僕はレバレッジ50倍で全部吹っ飛ばしたので、注意は必要です。

アルトコインでのレバレッジ取引も可能

これはBitMexなどを利用されている方なら普通ですが、アマンプリもアルトコインでのレバレッジ取引もできる仕様になって言います。

AMALトークン保有者への配当

このAMALトークンという独自トークンを保有していることによって配当を得ることができます。

今回僕は0.12BTC購入してみました。※日本円で約13万円です。(8月29日レート)

これからトークン価値が上がることも期待していますし、毎日配当がBTCで入るみたいなのでそちらも期待しています。

AMALトークンの枚数はもう少し多く購入したかったのですが、現在VRBウォレットに全力投球中なのでブロックエコトークンでの配当分でウォレットに残っている分を投入したというところが正直なところです。

余らせている資金がある方は参戦しても面白いと思います!

AMALトークンへの期待値

僕はこのトークンに期待をしています。

と言うのも取引所トークンは上昇しやすい傾向にあります。

その理由は取引所の使用されると言う用途がはっきりとしており、また今回の場合高配当ウォレットでもないから安定すると思っています。

取引所のトークンの例では、バイナンスのBNBトークンやHuobinのHuobi Tokenを例に出して説明します。

例1:BNBの場合

こちらがBNBの一年間のチャートです。良い時で40ドル近くまで行っていますね。

 

取引所として注目されトークンに価値があると投資家が判断したらこのように上昇していきます。

例2:Huobi Tokenの場合

こちらもHuobi Tokenの1年間のチャートになります。

5倍近く上昇していますね!

 

このように取引所のトークンは価値があると投資家が判断したら相場が悪くても上昇しています。

 

AMALトークンもこの上昇を期待しています。

AMALトークンの概要

AMALトークンは上記の通り、Amanpuri(アマンプリ)取引所の独自トークンです。

発行枚数は2億1000枚で市場へは1億2600枚が出回ります。

 

この辺は正直どうでもいいです。

AMALトークンの重要なことは、

 

  1. 取引手数料50%OFFに使用可能。
  2. 取引所の利益の5%が配当になる。

(※配当は10000AMALトークン保有者のみです。)

現在価格0.08ドルで購入可能。上場取引所では0.18ドルの価格が付いている。

注意事項

購入したAMALトークンはウォレット残高に反映されますが、ロックアップされています。

配当は、現物取引が始まってから開始されます。

また、AMALトークンはAMANPURI(アマンプリ)取引所が正式にオープンしてから毎月10%ずつロックアップが解除されます。

簡単に要約すると、

 

10万円程度余剰資金があれば毎日配当が貰え、トークンの価値が上がる権利を持てるということです。

 

また今流行りの高配当ウォレットではなく、取引所ですので、すぐに潰れる心配もなく、ロックアップ解除まで気長にホールドできる人向け。ということです。

 

これも加味して僕は0.12BTC入れました。(結構妥当だと思っています。)

僕の紹介だと5〜10%のボーナスが付きます。

  1. 1万AMAL未満の場合、5%
  2. 1万AMAL以上の場合、10%

が付きます。

IEOに関して

AMALはIEOが近々始まるそうです。

IEOとは

以前ICOが流行りましたよね!

簡単に説明すればICOを取引所が行ってくれるというものです。

知名度のないコインを取引所がバックアップしてくれるというものです。

登録方法

まずはこちらから公式サイト(取引所)に飛びます。

登録ステップ1

サイトに飛び登録をクリックします。

アマンプリ 登録

ステップ2

下記の内容を入力します。

アマンプリ 登録2

ステップ3

以下のメールが送られてきますので24時間以内にリンクをタッチすると完了します。

アマンプリ 登録2

AMALトークン購入方法

こちらの内容は上記の動画にて解説していますのでご参照ください。

個人的な感想

これまで高配当ウォレットが流行りすぎていたので、かなり真っ当な案件に感じます。

視点的には、高配当ウォレットとはまた違った捉え方が必要だと思います。

高配当ウォレットとの共通点

高配当ウォレットとの共通点は早期参入が必要ということです。

取引所の案件は早期撤退する必要はありませんが、最大限に利益を取るためには早期参入し先行者利益を狙う必要があります。

高配当ウォレットとの相違点

高配当ウォレットと違う部分はチキンレースをしなくていい代わりに配当が少ないことです。

正直なところ高配当ウォレットをしていると「なんだこんなものか、、、」と思うと思います。

しかし、安定感はあります。

大化けしてくれる可能性もあると期待して13万円の投入です。

翔の比重

今は100%VRBウォレットに振り切っています。

これは僕の情報筋で1番投資に強いところからなのでブレることはないです。

しかし、余っている資金は勿体無いので、配当こそ少ないですが今後に期待できるものに投資していっています。

その1つが今回AMANPURI(アマンプリ)取引所のAMALトークンでした。

VRBウォレットは複利運用も合わせれば、投資金額は2000万円を超えています。

それに比べれば13万円は少ないですが、数年先を見れば大きくなっている可能性は十分にあります。

陸上に例えるなら、

 

VRBウォレットは短距離走で、

アマンプリはフルマラソンです。

僕の見解は、ウォレット系を攻めるのであればVRB利確後です。

これは類似のものばかりしても分散してどれも微妙になるからです。

今回取引所案件はウォレット系と似てはいますが、仕組みやタイプが違うので採用しました。

アマンプリは、高配当ウォレットのような暴利な配当や無理やりトークン価値を吊り上げたりはしていないのでその点は安心しています。

余剰資金を投入して楽しめればと思っています。