仮想通貨

VRB(VRTトークン)の価格上昇率と複利運用(再投資)の威力

VRB価格

こんにちは、翔です。

 

今日はVRBという僕が今年1番期待している配当ウォレットHYIP案件のBRTトークンの破壊力について紹介していきます。

 

正直、たくさんのウォレット案件を見てきましたが、VRBが最強ですね。

 

さらに仕組みも凄く上手く作られています。

本日のトピックス
  • VRB(VRTトークン)の価格推移
  • 複利運用(再投資)がなぜ良いのか?

この2点について解説していきます。

VRB(VRTトークン)の価格推移

VRBという案件が2019年7月3日に開始されました。

その時の価格が1VRT=1USDTでした。

そして、7月11日現在1VRT=1.21USDTになっています。

1週間で21%の上昇です。

1日約3%のトークンが上昇しています。

このスピードは尋常じゃないです。

このまま行くと1ヶ月でトークン価値が90%上昇します。

ここまで上手くいかないにしても配当以外でかなりの利益が見込めます。

複利運用(再投資)が良い理由

VRBは配当のVRTトークンで複利運用が可能です。

ブロックエコではトークンでの運用ができなかったのですが、それがVRBでは可能になっています。

トークン複利運用(再投資)が良い理由

これはトークン価値が上昇しているので、運用資金が勝手に増えています。

それに伴って配当も増えます。

そして、、その配当をまた運用するのでさらに運用金額が大きくなります。

さらに、運用しているとトークン価値が上昇して、配当が増えます。

この好循環になって計り知れないぐらいの配当を得ることが可能になります。

投資リスクについて

これだけ配当が良ければリスクが気になりますよね!

もちろんリスクはあります。

これは大量出金が合った時です。

プール資金を配当資金が上回った瞬間に終わりです。

ですので、撤退時期は重要です。

しかし、ここは本当に仕組みが上手く作られています。

その仕組みの詳細はこちらに記載しています。

VRBの翔の見解

僕の見解は、VRBは他のウォレット案件に比べて仕組みのレベルが違います。

大げさではなくて、これを作った人は本当に天才だと思っています。

それは上記のリンクで解説していますが、本当に運営が継続する仕組みを導入しています。

表に見えるところから見えないところまで。

僕はHYIPに関してかなりシビアにみています。

このVRBも例外ではないです。

そしてVRBは配当が大きいので早く終わると思っていました。

しかし、仕組みを理解して継続するような予感をしています。

これは煽りでもなんでもなくて、僕の個人的な感想です。

合わせて読みたい

VRB画像
VRB Corporation暗号通貨取引所の概要・配当と登録方法【仮想通貨高配当ウォレットHYIPアプリ案件】VRBコーポレーションが始めた高配当ウォレットの登録方法とその戦い方やHYIPの考え方について。HYIP(高利回り投資案件)はポンジスキームと言われています。その付き合い方なども記載しています。...
VRB出金
VRBの出金方法とその手順【仮想通貨ウォレット投資HYIP案件】 こんにちは、翔です。 僕が今年1番注目している仮想通貨のウォレットHYIP案件のVRBですが実際に自分で出金してみました。 出金の...
VRBQ&A
VRBウォレットのよくある質問まとめ集(Q&A)VRBウォレットでの不明点をまとめて回答しています。入出金手数料や転送手数料、VRTトークンの価格など詳細に記載しています。...

翔の投資情報はこちらで詳しく配信しています。

友だち追加