仮想通貨

WoToken出金すると資産が半分に?

wotoken出金

こんにちは、翔です。

 

今日はWoTokenについて話していきます。

 

WoTokenは砂金出金停止から解放されたのですが、コミュニティの方から出金すると資産が半分になったとの声を聞きました。

 

その原因を今日は紹介していきます。

WoTokenがなぜ半額に?

出金すると半額になる原因は、取引所の価格とウォレットの価格に開きがあるからです。

価格差の原因とは

なぜ取引所とウォレットに価格差が生まれたかというと、ウォレッ内での価値を無理やり上げていたからです。

というのもウォレットだけの時は売買は基本的にされません。

WORトークンを保有しているだけで発行枚数が増えれば増えるほど価値は上がっていきます。

さらに、ウォレットの運営側でその価格も自由に決定できるため価格操作はいくらでも可能だったということです。

しかし、上場したことにより今まで売られなかったWORトークンが売られるようになりました。

さらには実際の価値よりも高くつけていたので、売買がスタートすると下がったように感じます。

さらにさらに、出金停止になっていたので多くのWORトークンを保有していたユーザーが不安になって大量の売りを入れています。

これによってウォレットでの価値は単なる数字でしかなく、実際の価値とは異なるものになりました。

WoToken運営は賢い

WoTokenの運営は素晴らしい戦力だと思います。

というのは資金的に継続が難しくなっているので出金停止策を取っていましたが、上場したことで価値が下がりました。

それも半分に。

つまり運営側は流出する資金が半分になります。

それによって運営状況を悪化しないようにしています。

さらには、既存のユーザーも今出金すると資産が半分になるので少し待ってから行動をしていこうという人も出ています。

これによって尚更資金の流出を防ぐことができています。

運営側は自分の資金を使わずにすることによって長い運営をする作戦を取っています。

ユーザーが取るべき行動

僕たちユーザーが取る行動は、早期撤退です。

これに尽きます。

僕のコミュニティのWoTokenユーザーさんは既に資金を撤退しています。

たとえ資金が半分になったとしても、0になることを考えればラッキーだと言っています。

撤退すべき理由は下記の2点です。

  • トークン価値の半減
  • 一度傾いたHYIPは再生不可能

トークン価値の半減

現在取引所とウォレットの価格は2倍の開きがあります。

つまりは市場価格との差が大きく、これを埋めるためにはウォレット価格を下げる以外不可能です。

その理由は、市場価格は大きく動かすことはできないからです。

つまりは、トークン保有していたユーザーはこの半減した価値を受け入れるしかないということです。

待ったとしてもこの価値が回復することは当分ないです。

1度傾いたHYIPは再生不可能

プラストークンですら、傾いてから再生はできませんでした。

6兆円市場を形成したプラストークンですらです。

それに比べればWoTokenの市場は小さいです。

同じような現象でWoTokenが耐えれるとは到底判断しにくいです。

また、過去のHYIPで1度も傾いてから立て直した運営はありません。

つまりHYIPは一度上手くいかなくなると終わりということです。

まとめ

正直WoTokenはもう再起不能なぐらい危ない状況です。

HYIPで出金停止や資産を半減させて出金させる遠いう手段は最終手段です。

そこまで運営は追い込まれています。

ここで待てば再生してくれると思われる方もいますが、待てば自分の資金が0になるだけです。

この状況で資産を抜かないホルダーはいないので、逃げ遅れると資産を失うという形になります。

WoTokenから出金した方はここに資金を入れているよりも別の案件で増やした方が可能性が高いと言っています。

なるほどというしかありません。

今は配当ウォレットの中ではVRBが1番良いので僕のコミュニティはVRBに移動しています。

合わせて読みたい

GCG15日出金停止
GCGASIA(GCGアジア)15日以上出金できない【運営が水面下で進めていることとは】 こんにちは翔です。 今日はGCGアジアについて話していきます。 僕のHYIP好きの友人はGCGアジアは既に撤退済みです。...
投資画像
投資で稼いでいる人の真実とは こんにちは、翔です。 本日は投資で稼いでいる人の真実を話していきたいと思います。 僕の周りには投資で月に1000万円以上稼いでいる...

翔の投資情報はこちらで詳しく配信しています。

友だち追加

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です