効率の良い仮想通貨投資とは?

NO IMAGE

こちらでは、仮想通貨の配当型ウォレットの状況資産形成におすすめのウォレットをメインに紹介していきます。

仮想通貨配当型ウォレットでの実績を公開

まず、僕個人の仮想通貨高配当ウォレットでの総収益は4000万円を超えます。

これは自慢ではなく、やり方次第ではこうなるということを紹介したいだけです。

下記でその方法も紹介していきます。

仮想通貨投資とは?

そもそも仮想通貨投資とは『仮想通貨で資産を増やす』ことになります。

仮想通貨投資の種類

仮想通貨投資にもいくつか種類があります。

  1. ガチホ
  2. トレード
  3. ファンド

ガチホ

まず、ガチホについてですが、これは文字の通り『ガッチリホールド』です。

BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)を安い値段で購入し、価格が上がるまで待機、そして売却になります。

この手法は仮想通貨が暴騰しているときにはかなり有効な方法でした。

現在はこれで利益を出すことは難しくなっています。

トレード

こちらはBTCFX(ビットコインFX)などでレバレッジなどをかけながら売り買いをしてビットコイン数を増やす方法になります。

ファンド

こちらは、代理運用になります。投資の専門機関にビットコインを預けることによって、その運用益を配当として貰う形です。

  • メリット:運用先がよければ放置で資金が増えていく。
  • デメリット:詐欺が多いので資金を失うケースがある。

といった感じになります。

僕が運営する『ITGウォレット』もこの形式を取っています。

仮想通貨配当型ウォレットとは?

簡単に実績を公開したところで、次にそもそも仮想通貨高配当ウォレットとは?というところについて話していきます。

これはシンプルに仮想通貨の利回りの高いウォレットに預金しておくと、その分の利率を貰えるというものです。

配当型ウォレットのメリット

メリットとしては、同じように預金していても利回りの高いウォレットに資金を入れておくとその分資産が増えるというところです。

配当型ウォレットのデメリット

デメリットとしては、多くの配当型ウォレットがHYIP(高利回り投資)といわれて、資金が引き出せなくなっているところです。

こちらに関しては大きなデメリットですが、本当に運用している本物のウォレットを見つけることができれば問題ないです。

配当型ウォレットの歴史

仮想通貨の配当型ウォレットはPlusToken(プラストークン)から始りました。

プラストークンは約1年半続き、現在はプラストークン価格を暴落させ出金停止となっています。

その次にWoToken(ウォートークン)やICB、ブロックエコと続きました。

現在は全て出金停止となり実質終わりを迎えています。

配当型ウォレットで資産を増やす2つの方法

配当型ウォレットには資産を増やす方法が2つあります。

  1. 出金停止になる前に利確をする。
  2. 本当に運用しているものに投資をする

この2つ以外今はありません。

ですので、情報が無い方がウォレット案件を行うと詐欺案件に引っかかるリスクがとても高いです。

今おすすめの配当型ウォレット

現在のウォレット案件は90%以上詐欺案件です。

投資資金は遅かれ早かれ無くなってしまうのが現状です。

その歴史を変えるため僕とパートナーで『本物のウォレット』を運営することにしました。

いつ始めても、いつ辞めてもいいウォレット

それが『ITGウォレット』になります。

日本初のSNS型のテレグラムウォレット。

詳細はこちらです。

ITGウォレットの登録方法をわかりやすく解説【仮想通貨配当型ウォレット】