仮想通貨

PLUSTOKEN(プラストークン)飛んだ?ハッキング?出金できない?その真実とは

プラストークン画像

こんにちは、翔です。

 

今日はPLUSTOKEN(プラストークン)について話していきます。

 

本日のトピックは下記です。

 

本日のトピックス
  • PLUSTOKEN(プラストークン)飛んだ?
  • PLUSTOKEN(プラストークン)ハッキング被害に遭っている
  • PLUSTOKEN(プラストークン)出金できない?
  • PLUSTOKEN(プラストークンの今後の展開とは?

という内容でな話していきます。

PLUSTOKEN(プラストークン)飛んだ?

1番気になるところはここですよね!

 

現状では飛んでいません。

 

これからどうなるかは不明ですが今のところ飛んではいません。

 

ではどのようになっているのか?

PLUSTOKEN(プラストークン)ハッキング被害に遭っている

僕のところに入ってきてい情報ではハッキング被害にあっているそうです。

ここについては運営側の本当なのか自作自演なのかは不明です。

出金できない

このハッキング被害によって現在出金できないという現状があるそうです。

ハッキングが本当であれば出金できなくなりますよね。

これはコインチェックの時もありました。

あの時はハッキングによってコインチェックからネムが流出しました。

これによって出金を停止して日本が騒然としました。

プラストークンもハッキングが本当ならこのような状況です。

PLUSTOKEN(プラストークン)の今後

ここから運営側の力量が試されると思います。

本当にハッキングの場合

仮にこのハッキングが本当とするなら運営側の選択肢は2つです。

  • 立て直して再出発をする
  • 飛んで終了にする

この2択です。

立て直して再出発

これはコインチェックの通りハッキングがされた事実を公表して再発防止に努めるとともに、配当の調整や説明を行なって立て直していく形です。

ハッキングが自作自演の場合

これは完全に終了です。

 

残念ですが飛ぶべくして飛んでいるので復活することはありません。

 

ハッキングは運営が逃げるための口実なだけなのでプラストークンの終了を意味します。

感想

僕の考えですが、この手の形で戻ってきたHYIPは存在しません。

コインチェックなどは取引所で手数料ビジネスをしています。

ですので、再建も可能ですが、

HYIPの場合、吐き出しが多いので収益が上がっているかが不透明です。

 

また運用している方法がポンジスキームの場合、収益が出ていないので再建は不可能になります。

ここで復活できれはプラストークンは本当に良い運営であり良い案件だったとなります。

ここがプラストークンの正念場になると思います。

合わせて読みたい

今年僕が1番注目しているHYIPです。

その考え方や撤退のタイミングも詳細にお知らせさせていただきます。

VRB画像
VRB Corporation暗号通貨取引所の概要・配当と登録方法【仮想通貨高配当ウォレットHYIPアプリ案件】VRBコーポレーションが始めた高配当ウォレットの登録方法とその戦い方やHYIPの考え方について。HYIP(高利回り投資案件)はポンジスキームと言われています。その付き合い方なども記載しています。...
Block Eco Token(ブロックエコトークン)は詐欺?高配当ウォレットの内容・アプリ登録方法と付き合い方の紹介こんにちは、翔です。 この記事は3分で読むことがます。 仮想通貨やHYIPや投資やMLMにも詳しくなれますのでサクッと最後まで読んで...

仮想通貨画像
仮想通貨で1番儲けた人は誰?未来の価格は決まっている?【情報の重要性】仮想通貨で1番儲けた人はご存知でしょうか?実はみなさんが知っているあの人です。また仮想通貨の今後の価格を知っている人はいるのでしょうか?実はいます。...

 

翔の投資情報はこちらで詳しく配信しています。

友だち追加